スキー上達への道のコンテンツ

スキーのブーツ

スキー板に続き、ブーツの選び方をお教えします。
スキーのブーツは人間の臓器でたとえるなら心臓と言っても過言ではありません。ただの靴ではなく、滑る側の気持ちを板と雪に伝える重要な役割を担った道具なのです。
このブーツ選び方ですが、なかなかの難問でして購入後に失敗に気づき涙を流したという方も少なくないそうです。
お店によっても違いはあるでしょうが、各メーカーは毎年約20アイテム(数百足)のブーツを作ると言われています。
そこにサイズも加わりますと数千種類の中から選ばなければならないので、なかなか決め手に困るといえます。
以下にブーツ選びのポイントをいくつかご紹介しますので参考になさってください。
選ぶ際の注意としては、自身の足にしっかりフィットしているかどうか、自身の脚力に合った硬さのブーツであるかです。
一般的に日本で販売されているブーツは、日本人に多い幅広の足に合わせて作られているので特に問題はないでしょうが、あまりに幅がない方や、逆に幅広すぎる方は購入時お店の方に相談することをお勧めします。
ブーツの硬さとしては、簡単に説明すると上級者は硬いもの、初心者は柔らかいものと覚えておきましょう。
硬いものはレース用や、脚力がある上級者の方々に限るでしょう。
ブーツ選びのポイントで一番大切なことは、実際に履いてみるということです。
どんどん履いて自身の足にしっくりフィットするかどうかを見極めた上で購入しましょう。
価格は、5万円もあれば自分の希望に合ったものが見つかるでしょう。
しかし、少し高い出費にはなりますが、スキーの要ですし、安いからと言って自分に合わないものを購入するよりは、高くても自分にあったものを購入し大切に使っていくことを個人的にはお勧めします。

ストック

スキー板、スキーブーツに続きまして、スキーストックの選び方を紹介します。
ストックは、板と違い滑走時はあまり使う頻度はありません。
滑る際の補佐役といった道具です。
ストックは、最近の滑りの傾向からターンのきっかけやバランスをとる際に使われることが多く、滑る際に直接影響のない道具と言われています。
スキーのフォームはストックの長さ次第と言われていますが、ストックの長さの目安としてはストックを立てた状態でグリップを握った時に、肘が直角になる程度と言われています。
上級者は雪面に近いところで滑ることが多いのでそこから3センチマイナス、初心者はストックを体の支えとして使うことが多いのでそこから3センチプラスの長さがおすすめです。
このストックの歴史ですが、古い書物には槍をストックとして使っていたと記されています。
もしも、今現在も槍などをストックとして使っていたらと想像しますとなんだかスキー場が戦場と化してしまいそうで怖いですね。
話はそれましたが、このストックは安いもので5000円からありますのでお求めやすいかと思います。
最近ではネットオークションなどでその年のニューモデルのものも安値で売られることが多くなってきています。
何度か購入経験のある方は、わざわざお店に足を運ばずともネットで購入が一番手軽ではありますが、初心者の方に限っては面倒でも実際に体感した上で購入されることをお勧めします。
自身にぴったり合ったストックとの出会いをお祈りいたします。