スキー上達への道のコンテンツ

スキー板

両足を板で拘束されるスノーボードと違って、スキーは、両手にストック、両足に板とかなりの安定感があります。
このスキーに欠かせないスキー板、ブーツ、ストックにも選び方があります。
今回はスキー板についてのお話です。
このスキー板ですが、各部分の呼び名を紹介しましょう。
まずはトップ、この部分は、滑って行く側のスキー板の一番先の部分のことです。
次にテール、この部分は、トップと反対側のつまりスキー板の後ろの部分のことです。
それから、板の真ん中のへこみの部分をウエストと呼びます。
板の裏、つまり雪面に当たる部分をソールと言い、板の両側についている金属をエッジと言います。

このような名称はスキーを楽しむ時、あまり使うことはありませんが、お店の方に板の不具合を伝える時や、または豆知識として知っておいて損はないでしょう。

つぎに、板の選び方ですが、板の種類も競技用から検定用、一般用と様々です。初心者にはショートスキーやファンスキーがおススメと思います。
ショートスキーやファンスキーは、 転んでしまっても簡単に起き上がれますし、なにより一番大切な楽しむということがコンセプトとなっていますので、運動嫌いな方にもぴったりではないでしょうか。
板はあまり硬すぎずウエストの細すぎるものは避け、プロポーションのきつくないものを選ぶことがスキー板を選ぶポイントです。
以上の事を考慮して、総合的にみて自分自身にあったものをぜひ見つけてみてください。