スキー上達への道のコンテンツ

看板のパルネットワーク
愛知県豊川市・豊橋市の野立て看板。
http://pal-sign.com/

スキー上達

ウインターシーズンに入ると、スキーのゲレンデが恋しくなるという人は少なくないでしょう。
まだスキー未体験の人も、さっそうと滑るスキーヤーの姿に憧れを抱くかもしれません。
ここでは、初心者にも分かりやすいスキー上達法についてご紹介していきます。

スキーが上達する方法の1つめのポイントは「スキー用具に馴れること」です。
これからスキーを始める人にとっては、ストック、スキー板、スキー靴に慣れることが上達の早道といえるのです。
スキー用具の装着の仕方や外し方は、ゲレンデや練習場に出る前に習得しておきましょう。

ポイント2は、スキー用具を装着して「正しい姿勢で立つこと」です。
スキーが上達するためには、滑るときのバランスが重要になります。
まず、スキー用具を着けた状態で正しく立ち、ヒザの曲げ伸ばしや体のひねりなどの動作ができるかを確認してください。
また、転んだ状態(腰を下ろした状態)から立ち上がるという動作も練習しておくといいでしょう。

ポイント3は、ゲレンデや練習場での「気持の持ち方」です。
スキーは滑って当たり前、でも初心者は滑ることに恐怖感をもってしまうこともあるようです。
雪上では自然に滑る状態がデフォですから、無理に止めようとしたりせず正しい姿勢で滑るようにしましょう。

余裕が出てきたら、左右に目をやったり体を傾けたりしてスキーの動きを覚えていくようにします。
大切なのは怖がらないこと、止まろうと思えばすぐに止まれるのですから、焦らずに練習を続けてください。

PR 乳幼児から始める水泳教室
ラ・グラッセ山王橋 子供スイミングスクール
名古屋市中区松原3-13-38
スポーツに取り組むことで、フェアで強い心と、勇気あふれるチャレンジ精神を養います。